HOME ≫ セミナー/ 研修情報

開催予定のセミナー情報


2019年度のキャリアアップ研修スケジュールが出来上がりました!
参加は無料です。奮ってご参加ください!
研修日程: 6月8日(土)、6月23日(日)、8月21日(水)、10月19日(土)、11月16日(土)
場所: 本社ビル 5F (渋谷区代々木2-13-8 エスト新宿ビル5F)、または本社近隣の会場
参加費: 無料
参加希望の方はお電話ください(03-3378-1165)


スケジュール 内容
6/8(土)
10:00~12:00
授業研修

「アンガーマネジメント入門」
授業だけでなく、あらゆる場面で活かす事の出来る、
感情コントロールの入門編。
6/23(日)
前半 10:00~12:00
後半 13:00~15:00
授業研修

「アクティブラーニングその1」
昨年度も大好評だった、実践型のアクティブラーニング研修。
生徒を主役にする授業を、自ら体験していただきます。
8/21(水)
前半 10:00~12:00
後半 13:00~15:30
授業研修

「アクティブラーニング レベル2」
その1に出席いただいた方を対象としています。
その1で身に付けた事を、さらにブラッシュアップします。
10/19(土)
10:00~12:00
授業研修

「生徒コントロールについて」
講師の人間性に頼らず、スキルとして教室統制していくことを学びます
11/16(土)
13:00-16:00
外国人講師向け研修

過去に開催したセミナー情報

【2019年 株式会社コスモ・キャリアアップ研修】

◆2019年11月16日(土) 外国人向け研修会

外国人講師向けの研修を実施しました!

第1部・グループディスカッション

同講師のアクティヴラーニング研修その1を受講した方を対象に、今回は少人数に絞って実施しました。前回の研修から実際に実践してみての失敗例・成功例を各自報告する事からスタート。続いて参加者が各々自分自身の授業・クラス運営の現状分析を行い、それについて高橋講師から分析の曖昧さへの鋭い指摘がありました。特に、クラスの中間層を漠然と想定しての授業では、結局どの生徒にもメッセージが刺さらないというのを、マーケティングの事例から学びました。

外国人向け研修会

参加者16名が4グループに分かれ、時間制限を設けつつディスカッションしました。講師の多くがあげた問題は、英語教育におけるモチベーションについてでした。なぜ英語を学習するのか、これからの社会にて必要不可欠になる英語の重要性、それを生徒にどう伝えるか等、グループで様々な案を出し合い議論しました。

グループごとの発表でも、想像以上に議論が白熱し他のグループの発表にも意見する講師が多く、講師同士で良い刺激が生まれていました。多様化・英語教育改革により英語講師の需要が高まる中、現代教育の需要に合った指導をするため、講師各々が自主的に教育について考える素晴らしい機会でした。

« ディスカッションで上がった問題/解決策 »

第2部・日本での生活・役立ち情報(税金やVisa)

後半では趣旨に変化を加えリラックスした雰囲気の中で、日本で生活するうえで役に立つ情報や、税金・Visa等についての研修を行いました。

公共機関の利用方法の説明も行ったので、日本での移動に不慣れな講師にとって有益な情報だったようです。また、来日歴が長い講師もいたので、講師同士の情報交換の場としても非常に盛り上がりました。

« 参加講師の感想 »

~ 第4回 2019年10月19日(土) ~

◆10月19日(土)10:00~12:00(株式会社コスモ 5F)
「生徒コントロールについて」

〈講師:コスモ研修担当 柳 一史〉

授業中の教室内での生徒統制をいかにするか?は古くて新しいテーマです。弊社ではアクティヴラーニング研修を恒例化して実施しておりますが、学校現場での教室内の統制は、アクティヴラーニングの導入や教材のICT化、以前に比べてデリケートなケアを要する生徒が増えていること等で、悩んでいる講師が多い為、今回テーマに取り上げました。

 第4回 2019年10月19日(土)
生徒統制は勿論それ単独で問題にするというより、授業との関連が多いので、生徒統制ができる方は当然授業がしっかりできるという前提のもと、統制に必要と思われる項目を挙げて、ひとつずつ自分はできているかとの確認をしていきました。 そのうえで、後半は参加者がそれぞれ、授業内の雑談という形式で、1年間のうちのある時期を定めて、その時期に生徒に注意喚起したい事柄を2~3分で生徒に向けてスピーチしていきました。 多くの方は、夏休み明けの2学期の授業を想定し、夏休み後のこれからをどうやっていこうか、を各人の個性を活かしてスピーチできていました。

真面目なコメントをする方やかなりユーモアをまぶしてオチをつけ、笑いを取る方もいました。効果的に短く注意喚起し、授業の本題に入っていく雑談の能力は、生徒統制に必要な項目のひとつと考えています。また生徒統制に疲弊してしまわないよう、心の持ち方にも触れました。

~ 第3回 2019年8月21日(水) ~

◆8月21日(水)13:00~17:30(株式会社コスモ 5F)
「アクティブラーニング レベル2」

〈講師:高橋 直樹先生〉
同講師のアクティヴラーニング研修その1を受講した方を対象に、今回は少人数に絞って実施しました。前回の研修から実際に実践してみての失敗例・成功例を各自報告する事からスタート。続いて参加者が各々自分自身の授業・クラス運営の現状分析を行い、それについて高橋講師から分析の曖昧さへの鋭い指摘がありました。特に、クラスの中間層を漠然と想定しての授業では、結局どの生徒にもメッセージが刺さらないというのを、マーケティングの事例から学びました。

第3回 2019年8月21日(水) 後半は、全員が具体的なターゲットとなる生徒のペルソナをこまかく設定し、彼らをどういう地点に導きたいのかというゴールを決める作業から始まり、参加者全員がひとりひとり自分の設定したペルソナとゴールを他の参加者にプレゼンした上で、皆からこうしたらどうかというアドバイスを貰っていきつつ、授業をプランニングするという課題に取り組みました。科目は多岐にわたり、自分の授業プランだけでなく、他の参加者にも意見・アドバイスを行う双方向的なもので、しかも1分、3分、5分と課題に取り組む時間を決め、そのタイムリミットの中で思いついたアイデアを付箋に書いて貼って行くという、アイデア捻出の骨法に基づいて行い、白熱して時間も30分近く延長することになりました。 この内容なので、もっと多くの方に体験してもらいたかったが、この少人数だからここまで可能だったこともある。今回の参加者はラッキーだったと思う。それは参加者の受講後の声にも表れていた。

・参加者:8名
・参加者の声:
「前回初めて参加して大変良い経験でしたが、今回はそれ以上でした」
「前回より具体的で、授業に役立てたい事柄が多かった。高橋先生のこの先の2回目、3回目の研修を是非受けたい」
「前回に比べて発言機会が多く、考える事も多くて内容が濃かった。今までクラス全体を意識してましたが、マーケティングの事例からひとりに絞って考えるというのがとても印象に残りました」
「周囲の熱が高く、自分がこの研修についていけるか少々不安だった。自分が変わらないと、生徒も変わらない。目的を意識させることが改めて大事だと思った」
「目的が曖昧だったことが分かった、これが一番の収穫。自分の武器の活かし方がわかった」

~ 第2回 2019年6月23日(日) ~

◆6月23日(土)10:00~15:00(アットビジネスセンター新宿南口駅前 9階)
「アクティブラーニング その1」

〈講師:高橋 直樹先生〉
高橋直樹先生 株式会社シンクプラス代表。
コンサルティング業務を手がけるほか、チームビルディング、目標達成、
ゲーミフケーション、アクティブラーニング等をテーマに学校講師や
セミナー講師としても活躍中。

昨年も実施し大変好評を得たアクティヴラーニングを考える1回目の入門編を、参加メンバーも一新して、会場も新たに、前回、授業で参加できないと言う声もあったので、日曜日の開催となりました。
参加者が主体的に、能動的に行動しないとアクティヴラーニングの意味が無いという講師の意向で、今回も前半、講師がリードしながら進め、ゲームのように積極的に生徒が喜んで取り組みながら講師には生徒の情報がたくさん手に入る理想的な自己紹介の方法や、平素いかに特定の言葉に頼ってコミュニケーションを取っているかを、参加者はゲームを通してワイワイ言いながら体験しました。

第2回 2019年6月23日(日) 第2回 2019年6月23日(日)
午後には講師が自分で購入し使ってみて、生徒が夢中になる、大人がやっても楽しい、そして奥が深く、そこから色々な戦略や派生的に経営や経済の基本なども学べる吟味したゲームをチームごとに体験。時間を忘れて集中していました。先生方が集中して楽しめる事は、生徒が夢中になることでもある。映像や画像、ユニークなルールから成るゲームは、現代の生徒が好きになって取り組む要素が入っていて、何の科目ということでなく、どの科目の先生に取っても応用可能なポテンシャルを秘めた素材であったと思います。

・参加者:31名
・参加者の声:
「自信を持ってこれからもやっていいんだなと励みになりました」
「何か気づかせたいことを自分で気づいてもらう、という作業には色々なやり方があるんだということが分かりました」
「従来の教え方を根本から変えたくて参加しました。生徒に能動的に取り組ませる具体的方法が体験できてよかった」
「高橋先生のプレゼンテーションがとても良く、そちらも参考になりました」
「生徒に能動的に取り組ませるにはルールが必要であり、それを講師が作らせないといけないと思いました」

~ 第1回 2019年6月8日(土) ~

◆6月8日(土)10:00~12:00(株式会社コスモ 5F)
「アンガーマネジメント入門」

〈講師:コスモ研修担当 柳 一史〉
生徒や父兄と対応する場面で、つい感情的になってしまったり、冷静さを失って突発的に感情のコントロールを失った態度を取ってしまったり…ここ数年、社会的にもアンガーマネジメントが取り上げられる場面が増えてきています。頭脳労働、時に肉体労働、そして感情労働でもある学校教員にこそ必要なスキルと考え、その入門編として今回はじめて実施しました。

第1回 2019年6月8日(土) 第1回 2019年6月8日(土)
ストレスの原因となる事柄が発生して、それに対して感情コントロールを喪失し、暴言を吐いてしまったり、思いの外強く言い過ぎてしまったり、後で後悔・反省した事例を各人が振り返りながら、その局面でどうすれば良かったのか?を自分の行動に自分でメスを入れていく事を通じて、考え直しました。前半はその入門的な講義(怒りとは、怒りが生まれる原因、怒りのピークの瞬間のやり過ごし方、思い込みの削除、相手の評価をせず行動を変えてもらう言い方など)。後半はグループ内で各自の行った自己分析の発表、という形式で行いました。
このテーマでもっと先の内容も知りたいとの声も多くあったので、更に深めた研修も今後準備していく予定です。

・参加者:19名
・参加者の声:
「テーブルごとの発表で参加者の色々な具体例に触れる事ができました。怒り方にそれぞれの癖があって興味深かった」
「職場もそうですが、日常生活において自分にとても必要だと思いました」
「予想以上に後半のグループでの討議が盛り上がり、時間が足りなかった」
「怒っている相手に対してどう対処すればよいかをこの先聞きたいと思います」
「何度も同じ状況で怒ってしまうので、自分のスキルアップの必要性を感じました」

【2018年 株式会社コスモ・キャリアアップ研修】

~ 第3回 2018年10月20日(土) ~

◆10月20日(土)13:00~17:00(コスモ 5F)
「アクティブラーニング研修会 レベル2」

〈講師:高橋 直樹先生〉
今回は6月または8月のアクティブラーニング研修会に参加した方々だけを対象に、更にレベルアップした内容で開催しました。
前回までの研修会のエッセンスを振り返り、あの時の盛り上がった気持ちを各自が甦らせたところで、前回の研修会から自らが実行したことを確認し合いました。その後、講師の提出した課題に取り組むことで、参加者は、漫然と課題に取り組むより、この狙いでこの課題に取り組んでいるという目標設定が明確になることが、結果に大きく影響する事を実際に体感する事になりました。頭では分かっていた事柄がはっきり目の前に結果として示されました。
その後、4チームに分かれ、この研修会で何を得るのかの目標を自分たちで設定し、それに向かってのグループワーク、発表(プレゼン)、評価(振り返り)を行いました。

高橋講師からは、
「アクティブラーニングを実践するための環境も様々な状況がありますが、教育現場を任された私たちは目の前にいるたった一人の生徒の心に火を着け、子どもたちがわくわくしながら自分で学び、何かひとつでも得意なスキルを身に着け、自分で食べていける大人になって欲しい。教育から日本を変えていきましょう」

との熱い激励をいただき、講師の持つエネルギーを注入されて参加者が充電できた4時間でした。

・参加者:17名
・参加者の声:
「先生の授業構成や声掛けそのものが<アクティブラーニング>だと目からウロコです。」
「100冊の参考書を読むより生きた授業でした。」
「明日からの行動目標・目的が明確になりました。」
「ほめ方、叱り方などの効果的な方法も実体験でき、とても有意義な時間になりました。」
「具体的なグループワークの指導方法や、なぜその指導が必要なのかという理由まで理解することができました。」
「早速、来週の授業から、今日いただいたヒントを試してみます」

~ 第2回 2018年8月24日(金) ~

◆8月24日(金)10:00~15:30(エステック情報ビル21F)
「アクティブラーニングその1・その2」

〈講師:高橋 直樹先生〉
第1回が好評だった事から第2回も10:00~12:00、13:00~15:00という2つのタームに分けて実施をしました。第2回は終了後に30分間も質問時間も設けられて、「アクティブラーニング」を実体験型にした研修は第2回も大盛況でした。
アクティブラーニングを実施する前に必要な土台作りの事や、すべてが目的や目標に向かっていく取り組みである事など、アクティブラーニングのセミナーをアクティブラーニング型で説明をして頂きました。
抽象的な説明ではなく、ゲームを使用したり、付箋を活用したりと使い方や進め方の段取りまでテクニックを具体的に説明して頂き、生徒主体で授業を運営する為のノウハウが多く盛り込まれ、クラスマネージメントの有効なツールも紹介される等、参加前に悩みごとや聞きたい事などヒアリングも進め、そこにフォーカスしながらフィードバックまでしていく方法でセミナー進めていき、良い意見交換の場にもなっておりました。

教えない授業を実践していく、生徒自らが考えて行動する授業を目的に、「研修の目標・目的」に向かってゲームを参加者が自ら決定していくなど非常に有意義なセミナーだったと思います。

次回開催の予定もございますので、是非ご参加くださいますよう心よりお待ち申し上げます。

・参加者:46名
・参加者の声:
「話の進め方、活用方法、興味の持たせ方などあらゆる面で今後の授業に反映させて行きたい。」
「今後、新しいクラスを持つ事もあるかと思うので、ぜひ活用したい。」
「導入や自己紹介、全員を参加させていく注力の仕方など非常に参考になった。」
「今回のセミナーで学んだ事をこれからどう活かしていくかをたくさん考えてみたい。」
「アクティブラーニングを取り入れる事がどういう事につながるのかがよく理解できた。」

◆8月21日(火)10:00~12:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/excel実践」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
Excelを利用した成績管理や評価を行う上で、関数を用いることで円滑な操作に繋がることが目的。
簡単な四則演算から合算や平均・参照などの関数を説明・理解へつなげた。
今回も各参加者にPCを用意し、実践させながら授業を展開、またプロジェクタを利用し、受講者側に理解をしやすく工夫をした。

・参加者:3名
・参加者の声:
「難しく思っていたが、分かりやすく説明していただき抵抗感がなくなった。」
「関数の便利さを知れたので、これからつかってみたいと思います。」

◆8月21日(火)13:00~15:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel応用」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
excelの基礎的な操作方法から伝えていくことで苦手意識を取り除き、円滑な操作が出来るようになることが目的。基礎講座なので、名称説明や入力方法から始め簡単な四則演算操作方法までを行うことでexcelに対しての苦手意識を克服させた。
また、セルを利用した解答用紙等プリント作成テクニックの説明を行った。
授業もプロジェクタと受講者毎にPCを用意し、作業をしながら個別に対応を行う事でより習熟しやすくなった。

・参加者:3名
・参加者の声:
「簡易的にグラフが作成できたので、今後も活用していけそうです。」
「使った事の無い機能を知ることが出来てとても有意義でした。」
「グラフが自分で作れるようになって感激しました。」

~ 第1回 2018年6月23日(土)~

◆6月23日(土)10:00~15:00(エステック情報ビル21F)
「アクティブラーニングその1・その2」

〈講師:高橋 直樹先生〉
10:00~12:00、13:00~15:00という2つのタームに分けて行い、現在教育業界で注目されている「アクティブラーニング」を実体験型にした研修。今後の授業ですぐに使用可能なツールもありました。
午前の部では生徒主体で授業を運営する為のノウハウが多く盛り込まれ、クラスマネージメントの有効なツールも紹介される等、有意義な時間となりました。
事前に現在の悩みごと等のアンケートの集計を行い、そこにフォーカスしながら話を進めていき休憩中に先生方同士で話すこともあり、良い意見交換の場にもなっておりました。

午後には午前の最後に受講者自らが決めた「研修の目標・目的」に向かってゲーム形式で学ぶというユニークなスタイルで展開し満足度が非常に高い内容になりました。

今回の研修は従来のコスモ社内でのスキルアップセミナーから会場をエステック情報ビルへと移し、規模も大幅に拡大しての開催となりました。結果的に多くの先生方に参加いただきました。ご年齢の層も幅広く良い意味で刺激になったという方もおりました。今後この研修を通じて得られたものが、参加者のスキルアップ、生徒対応の向上に役立つことを願っております。
次回開催の予定もございますので、是非ご参加くださいますよう心よりお待ち申し上げます。

・参加者:45名
・参加者の声:
「目標・目的設定など自身のこれからにためになるものを沢山学べて良かったです。」
「生徒一人一人を理解する○○○自己紹介は是非実践したいと思います。」
「次回も同じ講師のタイムマネジメントのセミナーを受けたいです。」
「参加者が一体となりこのセミナーを受講出来て非常に楽しく有意義な時間となった。」
「現在悩んでいることが解消出来る方法があったので、実践してみます。」

◆6月23日(土)10:00~12:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/word基礎」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
パソコン操作における基本操作からwordを利用した文書作成のコツを理解することがテーマ。
この講座を受講して学級だよりや職員内での提出書類作成に少しでも役立てればと思い、キーボードの基本ショートカットから始め、wordへ画像の差込方法や書体の使い分け・レイアウトについてなど基本となる部分を中心に行った。
授業自体はプロジェクタの利用と受講者毎へノートパソコンを用意し、実際に作業しながら進めることで習熟しやすくなった。

・参加者:5名
・参加者の声:
「少人数ということもあり、質問をしやすい環境であったのが良かった。」
「実際に使えるスキルをいくつか知ることが出来て良かった」

◆6月23日(土)13:00~15:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel基礎」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
excelの基礎的な操作方法から伝えていくことで苦手意識を取り除き、円滑な操作が出来るようになることが目的。基礎講座なので、名称説明や入力方法から始め簡単な四則演算操作方法までを行うことでexcelに対しての苦手意識を克服させた。
また、セルを利用した解答用紙等プリント作成テクニックの説明を行った。
授業もプロジェクタと受講者毎にPCを用意し、作業をしながら個別に対応を行う事でより習熟しやすくなった。

・参加者:4名
・参加者の声:
「基礎を学べてよかった。」
「エクセルの使い方を良く知らなかったので、勉強になった。」
「その場で疑問に答えてもらえて有意義でした。」
「これからの資料作成に役立てたいと思います。」


【2017年 株式会社コスモ・キャリアアップ研修】

~ 第5回 2018年2月2日(金)~

◆2月2日(金)10:00~12:00(本社5F研修室)
「面接対策講座(私立学校・学習塾・専門学校での面接の方法)」

<講師:株式会社コスモ   神村 夏哉>
採用面接の準備を中心とした採用される為の面談対策。学校長や塾の教室長を想定したロールプレイングも実施。
  身だしなみ、態度などの基本的内容から、採用担当者に対して自分を印象付けられるような受け答え、自己PR、質問などを盛り込んだ実践的な内容。

・参加者:6名
・参加者の声:

◆2月2日(金)13:00~15:00(本社5F研修室)
「教育業界研究/英語教育の将来(英語授業の小学校導入にあたって)」

<講師:コスモ研修スタッフ  神村 夏哉、Catch、上野 裕也>
12月に開催した内容を元に、今回は小学生向けのデモレッスンを盛り込み、聴講生にも生徒役で参加していただいた。低学年向け、高学年向けに分けて実演。特に低学年向けにはジェスチャーや表現の大きさ、シンプルな伝え方というポイントがわかりやすい内容。

・参加者:5名
・参加者の声:

◆2月2日(金)10:00~12:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Power Point基礎」

< 講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏>
PowerPointを利用した授業や資料作成に向け、操作方法の理解をさせることが目的。
各部名称から操作方法、効果の使い方など基礎を伝えることで苦手意識の克服と興味を持たせることに重点を置いた。
また、各参加者へPCを用意し、実践させながら授業を展開、またプロジェクタを利用し、受講者側に理解をしやすく工夫をした。

・参加者:3名
・参加者の声:
「実際にパソコンを使用しながらの講義で分かりやすかった」
「パワーポイントの基礎や出来ることが分かりました。今後の授業に活用したいです。」
「知らないことも多く、大変ためになりました。アニメーションなどの作業が役に立ちそうです。」

◆2月2日(金)13:00~15:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel基礎」

<講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏>
6月に開催した第一回と同内容の構成で、excelの基礎的な操作方法から伝えていくことで苦手意識を取り除き、円滑な操作が出来るようになることが目的。基礎講座なので、名称説明や入力方法から始め簡単な四則演算操作方法までを行うことでexcelに対しての苦手意識を克服させた。
授業もプロジェクタと受講者毎にPCを用意し、作業をしながら個別に対応を行う事でより習熟しやすくなった。

・参加者:4名
・参加者の声:
「こちらの要望に応えてもらいながら楽しく学ばせてもらいました。」

~ 第4回 2017年12月16日(土)~

◆12月16日(土)10:00~12:00(本社5F研修室)
「英語教育の将来(英語授業の小学校導入にあたって)」

< 講師:株式会社コスモ   神村夏哉 >
2020年の小学校英語教育必修化を踏まえて、先ずはこれまでの小学校英語活動や、私立学校で導入されてきた英語教育を紹介。文科省の掲げている今後の小学校の英語教育内容を咀嚼し、実際にどの様に取り組んでいくかをグループでのワークショップで考えました。
今回の研修では様々な「考えるきっかけ」を提供し、「聞く、読む、話す、書くの4技能」をいかにして伸ばしていくかという課題について、聴講生たちが積極的に意見を出し合いました。

・参加者:13名
・参加者の声:
「低学年の英語指導では、アクティビティ中心で、言葉をあまり使わず、ジェスチャーなどが有効である点に気づかされました」
「新学習指導内容について確認ができました」
「幼稚園の英語教育の現場で、マニュアルがあっても個人の考えに基づいたカリキュラムが多く、他ではどうしているのかと気になっていたところ、小学校の英語教育について知れたことが、興味深かったです」
「私は高校で英語を教えていますが、今回、幼稚園、高校、大学など、違う職場の先生方と一緒に研修を受けられたことが、大きな収穫になりました」
「コスモにはネイティヴ講師も多く登録されているようなので、ネイティヴの先生と日本人教師がどう協力して授業を行うかの研修も受けたいと思いました」
「英語教育の進んでいる私立小学校でも、課題が色々あることを知り、自分がスキルアップして、将来これを職業として選択するんだという前向きな思いが芽生えました。大変満足しました」

◆12月16日(土)13:00~15:00(本社5F研修室)
「授業研修/模擬授業大会」

< 講師:コスモ研修スタッフ  柳 一史 >
当初の予定では参加者に模擬授業を行ってもらい、コンテスト風に実施する予定でしたが、
参加者が授業経験の浅い方が多くなり、またベテラン勢が学校行事で不参加になった事も
あり、参加者の中の英語教員の方に代表して「模擬授業」を行ってもらい、その後、コスモ
スタッフより授業の中の、①テキストの行間を埋めてどう補足を行うとよいのか ②ノートに写し
たいと思うような板書にする工夫 について提案がありました。

・参加者:8名
・参加者の声:
「文系であっても例示に数学的な手法を使うことによって、理解しやすくなることのヒントをもらいました」(英語教員の方)
「英語の先生の模擬授業が、生徒にどのように活動させるか?の点で、教科の枠をこえてタメになりました」(理科教員の方)
「どうしても教科書なぞりの平板な板書になってしまう。生徒に印象深く学ばせるための板書の工夫が私には欠けているように思いました」(英語教員の方)
「生徒への説明の仕方について、英語だけでなく、他教科からも学ぶことができました」(英語教員の方)
「英語の模擬授業が、講師の声、生徒への発問などすばらしく、テキストの行間に、その記述の本質的な意味を読み取って補うことの大切さを感じました」(社会科教員の方)

◆12月16日(土)10:00~12:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel 実践」

< 講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏 >
Excelを利用した成績管理や評価を行う上で、関数を用いることで円滑な操作に繋がることが目的。
簡単な四則演算から合算や平均・参照などの関数を説明・理解へつなげた。
今回も各参加者にPCを用意し、実践させながら授業を展開、またプロジェクタを利用し、受講者側に理解をしやすく工夫をした。

・参加者:4名
・参加者の声:
「わからない苦手な関数を見よう見まねで使っていたので、速くできる方法、注意点を学ぶことができていなかった。今後すぐ実践できそうです」
「VLOOKUP関数をはじめて使いました。使ったことのない便利な機能をもっと習ってみたいです」
「とても分かり易かったです。Excelをうまく使いこなせるようになりたく、次回の講座も受けてみたいです」
「パワーポイントの研修も受けてみたいと思いました」

◆12月16日(土)13:00~15:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel応用」

< 講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏 >
Excelを利用し、生徒指導や教務に利用できるグラフ作成を円滑に出来るようになることが目的
棒グラフ・円グラフ・レーダーチャート等の作成を理解し、目的に合わせた表について説明を行った。
今回も各参加者にPCを用意し、実践させながら授業を展開、またプロジェクタを利用し、受講者側に理解をしやすく工夫をした。

・参加者:4名
・参加者の声:
「計算・グラフを作ったことがなかったので、教えていただいて助かりました」
「大変優しく、質問もしやすいムードでリラックスして教わることができました。前回出席できなかった基礎講座の資料もお願いしたところ、いただけて感謝しております」

~ 第3回 2017年10月28日(土)~

◆10月28日(土)10:00~12:00(本社5F研修室)
「現代教育に必要なもの」

〈講師:小宮位之先生〉
現代教育に必要なものという、ある意味大きくて曖昧なテーマでしたが、講師より先ずはグローバル教育について、その多くの要素の中から今回はアイデンティティについての話があり、その後アクティヴラーニングについての基本的な話。後半は講師の現在の活動、即ち経済的に苦しい家庭の子どもたちへの無料での学習指導を通して、講師が感じる「寄り添う教育の必要性」に話が及びました。最後は、参加者が各自思う「現代教育に必要なもの」とそれについての自分の考えるアプローチを互いに発表しあって終了になりました。

・参加者:7名
・参加者の声:
「アクティヴラーニングについて、知識の差を埋めるために、今後具体的に何をするべきかの目的ができました。」
「多国籍の生徒が増えている現状を改めて知りました」
「無料塾の小宮先生が、八王子のグローバルな環境で、情熱的に生き生きと感謝の気持ちを持って指導している姿に、今後の私の先生になる目標や就業後の寄り添い方を確認でき、エネルギーを分けていただいた気がしました」
「高校に合格するには、塾が必須に近いという話が印象に残りました。塾と学校教育の在り方について考えさせられました」
「アイデンティティについて、誰が言ったか、場所はどこでかによって答え方が変わることに改めて気づきました」

◆10月28日(土)13:00~15:00(本社5F研修室)
「授業研修/生徒への面接指導について」

〈講師:株式会社コスモ本部長  浅井由人〉
教員が学生に「面接指導」を行うに当たって、どういう指導を考慮しておく必要があるかという点について。コスモスタッフの講師より、日頃から派遣スタッフの面談や取引先での面接に同席して、応募側と採用する側の両方からスタッフを見ている立場からのアドバイスがありました。面接を受ける側からの目線だけでなく、面接する側の立場になることで、学生のどこを見て、どういう判断を下すのか、何を確認したい為にどんな質問をするのかを体験する。そのために、後半は参加者が面接官の役をロールプレイで体験してもらいました。

・参加者:8名
・参加者の声:
「進学指導だけでなく、就職指導にも役立つ内容でした」
「採用する企業側の目線に気づけました。」
「特に学生の良さ、可能性を引き出せるように心がけて指導していきたいと思います」
「基本的な挨拶・身だしなみから始まって、面接のポイントがわかりました。進学先が求める学生像、企業が学生の何を見ているか、も確認ができ、今後の生徒指導に役立ちそうです」
「面接官の役を体験し、学校で学生相手に模擬的に面接の練習をさせる際の、自分の練習になりました」

◆10月28日(土)10:00~12:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/word基礎」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
6月に開催した第一回と同内容の構成で、パソコン操作における基本操作からwordを利用した文書作成のコツを理解することがテーマ。
この講座を受講して学級だよりや職員内での提出書類作成に少しでも役立てればと思い、キーボードの基本ショートカットから始め、wordへ画像の差込方法や書体の使い分け・レイアウトについてなど基本となる部分を中心に行った。
授業自体はプロジェクタの利用と受講者毎へノートパソコンを用意し、実際に作業しながら進めることで習熟しやすくなった。

・参加者:6名
・参加者の声:
「不慣れなのでいろいろと参考になった。」
「内容・テンポも分かりやすくよかった。」

◆10月28日(土)13:00~15:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel基礎」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
6月に開催した第一回と同内容の構成で、excelの基礎的な操作方法から伝えていくことで苦手意識を取り除き、円滑な操作が出来るようになることが目的。基礎講座なので、名称説明や入力方法から始め簡単な四則演算操作方法までを行うことでexcelに対しての苦手意識を克服させた。授業もプロジェクタと受講者毎にPCを用意し、作業をしながら個別に対応を行う事でより習熟しやすくなった。

・参加者:7名
・参加者の声:
「操作方法で知らないこともあり、勉強になった。」
「グラフ作成をやったことが無いので、またお願いしたい。」

~ 第2回 2017年8月22日(火)~

◆8月22日(火)10:00~12:00(本社5F研修室)
「カウンセラー・臨床心理士による生徒対応の仕方」

〈講師:丸山里奈先生〉
ブレインストーミングを用いた講師同士のアイスブレイクから、固定観念を持たずに人と接することで生徒指導に生かすことができる事を学ぶ。次にアサーショントレーニングの一環として、IメッセージとYouメッセージについて考える。普段何気なく発する言葉が相手を傷つけることがある。そんなとき、相手への伝え方を意識することで、お互いのコミュニケーションのずれを生じさせないものにする。例えば、「片付けなさい」は命令でありYouメッセージである。「片付けてくれたら助かるのにな」と自分の気持ちを伝えるIメッセージである。これらの違いを意識することで普段の生徒指導で効果が表れてくる。

・参加者:11名
・参加者の声:
「IメッセージとYouメッセージの使い分けの実例を早速実践したく思いました。」
「人間関係をスムーズに築くため、先生のお話を聞きながら、みなさんと話し合えた事が良かった。」
「発表もしましたが、Iメッセージの難しさが印象に残りました。上手に使えるよう工夫できたらと思います。」
「さまざまな生徒がいて、日々悩むこともありますが、助けてくれるのも実際、生徒自身であったりしますので、これからも楽しみます。」

◆8月22日(火)13:00~15:00(本社5F研修室)
「授業研修/導入のプロになる」

〈講師:コスモ研修スタッフ 柳 一史〉
授業の導入部分に絞り込んで、その一般的な考え方と代表的な導入を5パターンに分け、講師より紹介。後半は、参加者の現役教員が自らの科目で,授業導入を披露。参加者がそれについて感想、意見を発表。

・参加者:7名
・参加者の声:
「授業は下手をすると生徒を洗脳してしまう、という指摘は自分でも怖いな…と感じていました。」
「『23分間の奇跡』、『うさぎの眼』は是非読んでみたいと思いました。」
「講師の先生、模擬授業の先生方、皆さんとてもステキな授業で感動しました。」
「自分の授業展開ばかりになりがちで、他の先生方の授業内容を観て考察する機会を設けていただくのは、貴重な財産となります。」

◆8月22日(火)15:30~17:30(本社5F研修室)
「幼児教育の現状と未来」

〈講師:加勇田修士先生〉
子供にエネルギーを与える方法を「アサーション」「アドラー心理学」「グループダイナミクス」の観点から、参加者のグループワークを含めての講義を中心に学び、検討する時間になった。学級経営におけるグループ体験の必要性、それは子供が自分という存在の輪郭を描けるようになるための機会を与えるもので、この研修では参加者に構成的グループエンカウンターをインストラクション⇒エクササイズ⇒シェアリングと、時間の都合もあって簡易的に体験してもらった。

・参加者:5名
・参加者の声:
「仕事だけでなく、母として自分の子どもにも使えると思いました。」
「アドラー心理学やアサーションなどが印象に残りました。アドジャンはアレンジすれば子供にも使えると思いました。」
「子供の自立を促す意味で、何事も子どもより先回りせず、子どもの人生の主人公は子どもであること、話して来たら片手間で無く真剣に聞きワンネスの世界をつくる、子どもの試行錯誤を認め、共に揺れ動くように心がける…親への3つのお願いを母親として心したいと思いました。」

◆8月22日(火)10:00~12:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel 実践」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
Excelを利用した成績管理や評価を行う上で、関数を用いることで円滑な操作に繋がることが目的。
簡単な四則演算から合算や平均・参照などの関数を説明・理解へつなげた。
今回も各参加者にPCを用意し、実践させながら授業を展開、またプロジェクタを利用し、受講者側に理解をしやすく工夫をした。

・参加者: 5名
・参加者の声:
「if関数がよくわかりました。」
「今まで数式をコピーして利用していましたが、理論を教えていただいてよかったです。もやもやが晴れました。」
「我流でやっていたので、説明されると用語が分かってよいです、関数の比較などが面白かったです。」
「テスト作り(数学)はすごく大変でした。今日習ったことは今後も役にたつと思います。」

◆8月22日(火)13:00~15:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel 応用」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
Excelを利用し、生徒指導や教務に利用できるグラフ作成を円滑に出来るようになることが目的棒グラフ・円グラフ・レーダーチャート等の作成を理解し、目的に合わせた表について説明を行った。
今回も各参加者にPCを用意し、実践させながら授業を展開、またプロジェクタを利用し、受講者側に理解をしやすく工夫をした。

・参加者:5名
・参加者の声:
「講師のはきはきと大きな声で教える態度が授業の参考にもなりました。」
「興味深く面白かった。」
「表作成上のヒントをたくさん教えて頂きました。」

~ 第1回 2017年6月24日(土)~

◆6月24日(土)10:00~12:00(本社5F研修室)
「マナーコミュニケーション研修/教員のためのコミュニケーション講座」

〈講師:新保 友恵先生〉
〈講師:田畑 修一先生〉
前半は新保先生を講師としてお招きし、参加者の自己紹介を兼ねたコミュニケーション研修。一般的な職員室での悩みやクレーム事例を題材にして、職場間のコミュニケーションスタディ。コミュニケーションとは何が大事なのかを学ぶ。
後半は、現在私立学校でご活躍されている田畑先生が中心となり、自らの体験談も踏まえ、現場で抱えている「派遣スタッフ」ならではの悩みを参加者全員から吸い上げ、先生間でアドバイスや解決方法を探っていく1時間となりました。
内容が濃く、参加者同士の意見交換も多くできたので、時間が足りなかったくらい充実した内容の研修となりました。今後、先生方が現場に戻ってからも、この研修で得られたものが職場でのコミュニケーションのヒントとなり役に立つことを願うばかりです。
主催者である派遣元のコスモスタッフも、いろいろな先生方のお悩みを伺うことができ、大変勉強になりました。今後の活動に活かしていきたいと思います。

・参加者:8名
・参加者の声:
「クレーム事例、派遣の働き方の討論。思いや悩みを共有することで、心が通じ合い、コミュニケーション力が高まることだと実感できた」
「幼稚園教諭の方や、若手教諭の話が、大変興味深かった」
「目上の方に対する話し方(たとえばクッション言葉)に悩んでいたことがあったので、とても勉強になりました」
「違う派遣先でも、同じような悩みをお持ちの先生がいたので、安心した」
「専任の先生との人間関係で悩んでいたので、今回の研修で学んだことを参考にして工夫してみようと思いました」
「自らが話をしていく中での研修。今までは得意ではなかったのですが、今日は楽しむことができました」

◆6月24日(土)13:00~15:00(本社5F研修室)
「授業研修/学校でのトラブルとその対処法」

〈講師:コスモ研修スタッフ 柳 一史〉
昨年1年間で起こった学校での代表的なクレームとその対処法を考える、がテーマ。
紹介したクレーム事例の原因は、①講師が自分の感情をコントロールできない事から発生したもの、
②講師はその教科の営業マンという意識が希薄なため授業内容に興味を持たせるサービス精神に欠けるもの、③授業内雑談の力が足りないもの、という3点を指摘。
その対策として①感情労働のプロが行っているクールダウン、客観化、笑いの要素を取り込むという方法、
②大学の新年度の授業ガイダンスや、研究費を取ってくるために自分たちの研究テーマの重要性をプレゼンする要領で科目愛を発揮する、③教科に関する面白ネタの収集力が即ち雑談力に通じることを確認。

・参加者:7名
・参加者の声:
「三つの要素の三番目の話『督促OL』の話には感動しました。笑いの要素は大切だと私も共感しております」
「わかりやすく役に立ちました。特に授業内のクイズは大いに参考になりました。是非ネタを考えあう研修をお願いします」
「実際に使っている小ネタの実例が多く聞けて参考になりました」
「私は学童の講師ですが、学校で実際にあったクレーム事例、対処法を聞かせていただき、そうゆう背景のあとに生徒が登校していること、学校の先生は大変な思いをされていることを知れて、参考になりました」

◆6月24日(土)10:00~12:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/word基礎」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
パソコン操作における基本操作からwordを利用した文書作成のコツを理解することがテーマ。
この講座を受講して学級だよりや職員内での提出書類作成に少しでも役立てればと思い、キーボードの基本ショートカットから始め、wordへ画像の差込方法や書体の使い分け・レイアウトについてなど基本となる部分を中心に行った。
授業自体はプロジェクタの利用と受講者毎へノートパソコンを用意し、実際に作業しながら進めることで習熟しやすくなった。

・参加者:4名
・参加者の声:
「初めて知った操作方法などもあり今後活用したいと思う。」
「久しぶりにパソコンを操作し、とても勉強になった。」

◆6月24日(土)13:00~15:00(本社5Fパソコン室)
「PC研修/Excel基礎」

〈講師:コスモ研修スタッフ 宮本 一宏〉
excelの基礎的な操作方法から伝えていくことで苦手意識を取り除き、円滑な操作が出来るようになることが目的。基礎講座なので、名称説明や入力方法から始め簡単な四則演算操作方法までを行うことでexcelに対しての苦手意識を克服させた。
授業もプロジェクタと受講者毎にPCを用意し、作業をしながら個別に対応を行う事でより習熟しやすくなった。

・参加者:2名
・参加者の声:
「テキストだけでは分からないところがあったが、実際に講義を受けて理解することが出来た。」
「作業がスムーズに進む内容があり参考になった。」


【2016年 株式会社コスモ・研修会】

◆12月17日(土) 「採用に向けての面接対策」

◆11月19日(土) 「授業研修+派遣スタッフ対象の意見交換会」

◆8月25日(木) 「あらためて学校現場を知るために」

◆6月26日(日) 「信頼と好感を得るビジネスマナー研修」


セミナー・研修会レポート

(株)コスモ主催 第一回面接対策講座

(株)コスモ東京都教員採用試験論文対策講座

真のスタートラインに立てるコスモの教育

講師プロフィール
殿前康雄先生

東京都の理科担当教員として活躍の後、複数の公立高校教頭職、さらに東京都教育委員会人事部管理主事を経て、都立羽村高等学校の校長に就任。

平成10年より全国高等学校校長協会の大学入試対策委員会委員長となり、翌年からは都立八王子東高等学校の校長として務めた4年間で、公開授業をべースとした公立高校全国初の準6日制実施、進学講習の定着化など進学校としての基盤を整備し、進学実績を躍進させました。
著書、『都立高校は死なず―八王子東高校躍進の秘密』の中では、当時の教員の考え方や保護者の意見なども交え、意識改革のために行ってきたこと、その難しさが記されています。

平成15年からは大成高等学校校長、千葉国際中学・高等学校理事長代行など複数の私立学校で、その手腕をふるいます。
学校改革に着手し学校6日制の実施や、特進、普通、情報コースの容易な相互乗り入れなどに取組み、新しい教育内容を次々導入・開発され、地域から高い信頼を得られるようになり、受験生の劇的増大にもつながりました。
採用・人事に関しても改革に積極的に取り組まれました。平成23年から始まった(株)コスモの私立学校就職のための勉強会において、そのノウハウをご講義いただき、多くの聴講生から好評をいただいております。

「教師として知っておくべき知識、心構え」の勉強会

勉強会の模様が、塾ジャーナル((株)ルックデータ出版発行)に掲載されました。

(株)コスモ25周年記念セミナー

25周年セミナーの模様が、塾ジャーナル1月号((株)ルックデータ出版発行)に掲載されました。



(株)コスモ教育業界就業セミナー

定年退職セミナー

  • 淑徳与野高等学校名誉校長
    川端 幹雄 先生
    昭和47年~平成10年
    私立淑徳与野高等学校校長。
    この間埼玉県私立中学高等学校協会会長、
    埼玉県私立学校総連合会会長等を歴任。
    埼玉私学教育研究所所長、明星学園常任理事、順心女子学園理事、日本私立中学高等学校連合会常任理事・国際部会長、日本私学教育研究所理事、埼玉県私立中学高等学校協会副会長等

    ~・~著書紹介~・~
    「配給型学校教育の終焉-学校再生のための提言 究極の教育改革」

    私学教育者として第一線の道を歩んできた川端先生が、その類稀な観察眼と国内外の豊富な事例をもって真の教育再生を示す。
    学校教育関係者の必読書、日本教育界に贈る覚醒の書。
  • 60代以上の教師先生方に、その豊富な経験と知識を活かし、さらにご活躍いただくために、必要な情報やノウハウをご講義いただきました。

    公立一本で40年近く勤められた方や、私立学校での非常勤講師を主に経験されてこられた方など、聴講生は様々でしたが、どの方々にも参考になる、「これから60代の教師が活躍するには」というテーマでの講義でした。

コミュニケーション能力UP 研修会

教育業界で採用をしたい! 教育業界に特化したコスモがご要望に応じた人材をご紹介します。 無料相談はこちらから 会場説明会のご案内! セミナー・研修会

外部サイトへ飛びます